墓地の種類やそれぞれの特徴

一口にお墓、墓地といっても、大きくわけて3種類の形態にわかれることはご存知でしょうか?一般的に知られている寺院墓地のほか、公営霊園、民営霊園の3種類があります。それぞれの墓地にはどのような特徴があり、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

仏様と僧侶が身近にいる寺院墓地

寺院墓値

宗教法人の墓地で、寺院の境内にお墓があり、その多くが寺院によって管理、運営されています。寺院のご住職の運営方針によって、サービス内容が異なるという特徴があります。利用する際は、ご住職の人柄はもちろん、お寺の雰囲気、入壇条件などを確認したほうがよいでしょう。


メリット

境内に本堂とご本尊があるので、仏様に守られているという安心感があります。法話を拝聴したり、相談会などではお墓のこと以外にも相談に乗ってもらえたりすることもありますので、日頃の生活の中でいま生きている私たちも心の安寧を得られます。

万が一、墓地の後継者がいなくなっても永代供養を受けられるケースもあります。また、市街地にあることが多いので、交通の便がよく、アクセスしやすいのもメリットのひとつです。

デメリット

ほとんどのところで宗旨、宗派が限定されており、その場合、すでにほかの宗教に入教しているときは改宗が必要です。

また、檀家になることが前提条件となるため、お寺への行事や活動に参加し、寄付を求められることもあります。担当の石材店が決められていることも多いので、お墓の形状やデザインについては、自由度は少ないようです。

地域の自治体が運営する公営霊園

公営霊園

各都道府県、市町村の自治体が運営、管理しています。地方では村落が運営している場合もあります。新聞などの媒体を通して年に一度公募され、抽選で決定されますが、応募条件を満たしている必要があります(一度も埋葬されたことのない遺骨のある方、応募する自治体に本籍または現住所のある方など)。


メリット

都心にある場合は非常に人気があります。宗教的な制約がないので、宗派を問われることもありません。また、管理費が相場より低額に設定されているケースが多いです。

デメリット

申し込みに対して条件を確認する必要があります。募集は不定期で、区画や受付期間も限定されていることから、多くが抽選となります。都市部は人気がありますが、都立霊園などは毎年高倍率のため、何年も待っている方もいるようです。地方で立地面において不便な場所が多く、担当の石材店は自由に選ぶことができますが、お墓の形や大きさに関しては指定されていることもあります。

財団・社団法人や宗教法人が運営する民営霊園

 
民営霊園

財団法人、社団法人、宗教法人などから運営委託を受ける形で、民間団体が運営と管理をしています。事業主体は営利を目的としていません。


メリット

公営霊園と同様に宗教による制約はなく、入壇や改宗も不要で、公募による募集などの制限もありませんので、申し込み条件も寺院や公営に比べると厳しくありません。また、お墓のデザインや大きさに関しても自由に選べます。それぞれの霊園、墓地ではサービス面においてさまざまな工夫がされているので、選択肢の幅も広がります。

デメリット

多くの民営霊園は担当の石材店が決められています。公営や寺院に比べると管理費、永代使用料などの費用面において割高感はあります。

横浜六浦霊園は横浜の街と海を見下ろす風光明美な景観と、管理が行き届いた運営を行っております。無料送迎バスの運営、供花やお線香などの販売もしておりますので、思い立ったときに手ぶらでお立ち寄りいただけます。どうぞ安心してご利用ください。


園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。