横浜の寺院墓地

横浜市内には多数の寺院墓地があります。最近では「宗教問わず」や「宗派問わず」と掲げているところもありますが、基本的に寺院墓地は、利用するにあたって檀家になる必要があり、一定の制約があります。
ここでは、寺院墓地にお墓を建てる際に押さえておくべきポイントをご紹介します。

寺院墓地を選ぶ際に注意すべきポイント

寺院墓地とは、お寺が運営・管理している墓地のことを言います。全国にあるお墓の多くが寺院墓地であり、横浜市内にもたくさんの寺院墓地があります。長い歴史を持つところであれば、著名人が眠っていることで有名な墓地もあります。

ただ、寺院墓地にお墓を建てるためには檀家となり、お寺を経済的に支えていく必要があります。トラブルを防止するためにも、寺院墓地と契約する前には、どのような義務を背負うのか事前に確認した方がよいでしょう。

寺院墓地を選ぶ前には、実際に複数の寺院を見学し、費用負担についてしっかりと確認するようにしましょう。実際に希望とマッチするお墓が見つかったら、お寺さんとの面談を行った上で契約ができるかを決めることになります。

寺院墓地の設備とお墓の種類

寺院墓地の多くは、法要ができる環境にありますが、催事ホールがないために会食場などは近隣の施設の中から探すことになります。また、バリアフリー化が対応できていないところが多いのが現状です。
横浜市はもともと坂道の多い土地柄であり、住宅地にある墓地は街の景観を重視してあえて丘の上に作ることもあります。きちんとバリアフリー化がされているのかを注意して確認する必要があります。

また最近では、新設されたところでは、樹木葬など墓石を必要としない区画を用意している寺院墓地もあります。お墓の種類も選べるようにもなっているので、特別な希望がある場合には、まずは希望する種類のあるお墓をインターネットなどで調べてから見学をすると効率的でしょう。

寺院墓地にお墓を建てるための条件

寺院墓地にお墓を建てる場合、檀家になる必要があるとご説明いたしました。元々の宗旨・宗派が違う場合、檀家になるためには、改宗する必要があります。
トラブルをなくすために宗教自由の霊園をご検討されてみてはいかがでしょう。

お布施や寄付金など檀家としての義務

檀家になると、定められた管理費のほか、お布施や寄付金、塔婆料などが必要になります。お布施は法要のときに納めるお金で、3万円ほどが目安だと言われています。寄付金はお寺の修理などが発生したときに徴収されるもので、金額は寄付金の使用目的によって変わります。また、多くの宗旨で1枚数千円程度の塔婆料も必要となります。
このように寺院墓地では、お墓の購入にかかる費用や一般的な管理費のほか負担すべき金銭があるので、どういったお金がかかるのかを事前に確認しておくようにしましょう。

最近の日本では、宗教を持たない人もたくさんいます。そのような人にとってはお布施や寄付金などは馴染み辛い風習でしょう。寺院墓地は数多くありますが、寺院墓地ならではの決まりなど難しさがあるため、宗教にとらわれない民営霊園も人気があります。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。