雛人形の供養と費用の相場

女の子の健やかな成長を願う気持ちが込められた雛人形。無事に結婚が決まり、その役目を終えたとしても、簡単に他人に譲ることや、不要品として処分するのは心情的に抵抗があると考える人も多いのではないでしょうか。行き先が決まらず押し入れの中で眠っているだけになってしまう前に、これまで無事過ごしてきたことへの感謝の気持ちを込めて供養してから手放すことをおすすめします。

雛人形とは

日本では、はるか昔の時代から人形(ひとがた)に願いを託したり、人間の身代わりになってもらおうとする風習がありました。人形には自然界にある邪気を払う力があり、私たちに幸せをもたらすと信じられていたのです。女の子の健やかな成長を願う気持ちが込められた雛人形も、その一つです。

現在のように、豪華に着飾った可愛らしい雛人形を飾り、女の子を健やかな成長を願う行事が催されるようになったのは、江戸時代以降のことです。自らの身に宿った厄や穢(けがれ)を紙で作った人形に託し、海や川に流す「上巳の節会」という日本古来の行事と、平安時代に貴族の子の間で盛んに行われた「ひいなあそび」(男女一対の紙人形を使ったおままごと)が自然と融合し、現在のような形へと発展していったと言われています。3月3日を女の子の節句として定めると、人形の作りも立派になり、雛段の数も次第に増えていきました。やがて、雛人形と呼ばれるのが一般的になると、女の子の身代わりとして厄や穢を受け止め、やがて良縁へと結びつける人形として大切に扱われるようになりました。

雛人形を供養する必要性

雛人形の処分方法は、地域ごとに決められたルールに従って廃棄するのが原則ですが、様々な思いが込められた人形を他のものと一緒に捨てるのは、誰もが抵抗を感じるでしょう。雛人形を供養することによって、長年に渡って守ってもらった感謝の気持ちを伝えるとともに、人形に宿った「魂」が完全に抜かれ(魂抜き)天に昇っていったと分かればどうでしょうか。
手厚く供養をして、清々しい気持ちでお別れをすることができるはずです。雛人形の供養は、決して義務ではありませんが、子供の成長を見守り続けてくれた人形に感謝の気持ちをこめてお別れしましょう。

雛人形を供養するのに必要な費用

雛人形の供養にかかる費用は、供養を行う神社・寺院によって設定が異なりますが、1万円から5万円前後が相場のようです。また、指定されたサイズの段ボールに入れて人形を送り、供養してもらう方法もあります。比較的小さなサイズであれば千円程度から受け付けているケースもありますが、人形の数や大きさによっては、3万円前後の費用が必要になる場合が多いでしょう。

家族の繋がりを大切にしたいという気持ちから、役目を終えた雛人形の供養を希望する人が年々増加傾向にあります。供養をすることで、納得の行く形で人形とお別れするだけではなく、それまで成長を見守ってくれた家族や親戚に感謝し、より絆を深めるきっかけにも繋がるのではないでしょうか。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。