改葬に必要な手続きと対応手順

お墓を管理する人がいなくなったり、遠方の郷里にお墓がある場合、お墓を自宅近くに移す(改葬)ことを検討します。ここでは、改葬に関する各種手続きをご紹介いたします。

ご遺骨を新しいお墓に移すこと

改葬とは、お墓を新しい場所に移すことです。一般的にはご遺骨のみを運びますが、土葬の場合は、墓地内の砂を運びます。石材をそのまま持っていくには、高額な費用がかかるので、よほどの理由がない限りは、お骨だけを移す形式にするのが通常です。

今までのお墓では、閉眼供養を行います。ご先祖様が眠っていたところから、仏心を抜いてもらう大切な儀式です。お墓の前で、読経して頂く形式が一般的。ごく親しい間柄の身内だけを集めた、比較的簡素な規模で行います。

ご供養が終わったら、更地に戻して返還しましょう。墓石を撤去する前に、彫刻部分を記録して控えておきます。読めない箇所は、管理者にお願いして調べてもらいましょう。

新しい墓所の確保から準備を始める

ここからは、具体的な手順の紹介です。改葬を考える際、まず最初に新しい墓所を探します。そして希望する場所が決まったら、管理者に「受入証明書」をもらいましょう。この書類を持って古い墓所に出向き、「埋葬証明書」の発行を受けます。

2つの証明書が揃ったら、もとあるお墓の市区町村に出向きます。証明書を提示して「改葬許可申請書」をもらいましょう。必要事項を記入して提出すると「改葬許可書」が交付されます。

なお、許可証の申請手順は、市区町村で異なります。詳細は、担当窓口に出向いて確認してください。受け取った改葬許可証を霊園管理者に提出すると、法的な手続きは終わりです。法要の準備をして移転日に備えましょう。

閉眼供養から新しいお墓にお納めするまで

書類の準備が終わったら、墓石や墓誌を整えます。以前のお墓と同じように、戒名、法名などを彫刻します。どこに何を書くのかは、お願いする業者が進めてくれることがほとんどです。極端に遠方の場合を除き、前のお墓をお願いしたのと同じところに依頼するとスムーズでしょう。

新しいお墓に納める時には、開眼供養を行います。ご遺骨を納める前に、仏心を入れる法要です。通常は、納骨法要と一緒に行うことが多いのですが、親族が集まりやすい日程を考えて、お寺や霊園に相談してみましょう。

そして、改葬する前に気を付けておきたいことが、親族への連絡です。開眼供養の案内状を送る前に、お墓を移す理由を親族などに説明をしておきましょう。何の相談もなしに決めてしまうと、トラブルに発展することも考えられます。お墓は自分たちだけでなく、親族みんなで守っていくべきものという考えを忘れずに、改葬の手続きを進めていきましょう。

改葬する際には、前のお寺との関係にも十分な注意を払うことが大切です。管理費が入らなくなるなどの理由で、お寺から高額な離檀料を請求されるトラブルもあるようです。ごく少ない事例ではあるものの、頭の片隅に置いておきましょう。

ポイントさえ守れば、お墓の改葬はそんなに大変なことではありません。節目の時をいつにすべきか悩ましい問題ですが、上記を参考に進めてみてはどうでしょうか。

横浜六浦霊園では改葬による新規墓所も受付しております。お気軽にご相談ください。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。