戒名

戒名(かいみょう)は仏教において仏門に入った証し、戒律を守るしるしとして与えられる名前です。宗派によっては戒名と言わず法名や法号と呼び、総じて仏名といいます。

一般にお亡くなりになった際、寺院により戒名を与えてもらいますが、本来は生きているうちに出家し、授かる仏教徒としての名前のことをいいます。

・男子は大居士(こじ)・居士・大禅定・信士・清信士など
・女子は清大姉・大姉・禅定尼・信女・清信女など
・童子は童児,清童児,童女など


園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。