ご遺骨の取り扱い

火葬が終わり葬儀が滞りなく行われ、持ち帰る骨壷は自宅の後飾り壇(中陰壇)に安置します。仏壇があればその前が、仏壇がない場合は家の中を見渡せる場所に安置しましょう。お墓に埋葬(納骨)するのは四十九日以降が一般的です。

ご遺骨を暫くご自宅に保管しても法律的な制約はありませんが、四十九日を過ぎ来世の行き先が決まれば納骨して故人の成仏をお願いするとよいでしょう。

また、ご遺骨を自宅に保管できない場合は、四十九日法要前でも菩提寺や霊園の納骨堂で保管してもらうことも可能です。ただ、まだ近くに彷徨っているかも知れない故人の御霊に対して冥福の気持ちが大切です。



園内のひとコマ
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。